スポンサードリンク

2016年8月25日木曜日

麻疹(はしか)はなぜ怖い〜感染力の強い麻疹とワクチンの話〜

麻疹が流行のきざしを見せています。というのも、

<麻疹>大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000076-mai-soci

……というニュースもありますが、それ以前にそもそも千葉県で患者さんが増えていると千葉県から発表が出ています。
麻しん(はしか)の発生について
https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2016/mashin20160816.html

これが東京などにも広まれば、全国的な流行を起こす可能性が高まります。

追記:
大阪府(関西空港)で麻疹集団感染
 http://halproject01.blogspot.jp/2016/08/blog-post_31.html
↑コンサートに参加した男性が関空利用、同型の麻疹ウイルスが集団感染しています。コンサート参加者にも2名麻疹感染疑い。
ご注意ください!

なんとしてでも食い止めるために、どうかみなさん、MRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)・麻疹単独ワクチンの接種を積極的にうけてください!(おすすめは圧倒的にMRワクチンです)
特に「小さい時に1回うけたから大丈夫」と思っているあなた。
必要なのは「2回」です。
1回接種では、10年程度で麻疹を完全に防ぐ事が難しいレベルまで抗体の量が低下します
ぜひ、流行前の今、急いで受けに行きましょう!


麻疹(はしか)はなぜ怖いのか、少しお話ししたいと思います。
かつて「はしかのようなもの」という慣用句が存在するほど、「誰もが一度は経験するもの」という認識だった麻疹(はしか)。
何故そう言われるかと言うと、もちろん昔はワクチンが存在しない&普及していなかったからに他ありません。

まず麻疹は空気感染します。したがって、普通のマスクでは防ぐ事ができません

2016年8月24日水曜日

産後レポート〜お産翌日(産褥1日目)〜

6時検温。眠いっす……。貧血検査に採血もされる。8時朝食。今日は和定食。ここのご飯、本当に美味しい。ボリュームすごいけど、ペロリと完食。

8時半くらいから下腹部痛、いてて。触ると子宮ががちがち。
食後に飲んだメテルギンが効いてきたのか。頑張って止血しておくれ。1時間くらい痛むけど、生理痛程度の痛みなので、なんてことない(比較が全て陣痛基準)。

9時過ぎに、陰部洗浄に呼ばれて、産褥ナプキン持って1階へ。院長先生に陰部洗浄してもらう。いてて。
終了後、産褥ナプキンなくなりそうだったので自販機で買う。ついでにコーヒー買う。
ナースステーション横の赤ちゃんを見る。おお、昨日よりむくみもよくなってきたようだ。沐浴してもらったみたいできれいになってる。

2016年8月21日日曜日

「母性 いつ」「母性 ない」「赤ちゃん かわいくない」

(今回の記事はとてもデリケートな内容で、書く事を悩みました。ですので、文末に私の娘へあてた個人的なメッセージを書いていること、どうかご了承ください。)


タイトルは、私が妊娠中に何度も検索した言葉です。

ということで、今回は「母性がない」という話。
もし、自分に母性が感じられない、赤ちゃんがかわいく思えない、そういうことで悩んでいる方がいたなら……と思い筆をとりました。

また、
「まだ赤ちゃん欲しいとも思えないし、かわいいとも感じないのに、妊娠していいかわからない」
そんな方。
私自身がそうして子どもを得て、どうなったか。もしよければ読んでいただけたらと思います。


妊娠中、実はとても悩んでいたことがあります。

それは、「母性」がないこと。

2016年8月19日金曜日

産後レポート〜お産当日(産褥0日目)〜

少し前のメモを見ていたら、産後の様子を書いた日記が見つかりました。お産の実録レポート? 体験談? も書きましたが、ついでにこちらもアップしておきます。
ただし、はっきり言って大した内容じゃないです。でも、産後の数日の体調も書いているので、もし気になる方、ご参考にどうぞ。



お産当日


産直後の経過観察後、点滴抜いて病室へ。車椅子で行くか聞かれたけど、歩けそうなので歩いて移動。

2016年8月4日木曜日

胎児心拍確認後の流産率は本当に低いのか

ピンク色のおりものが出始めた頃から気になり始めて、調べた内容をご紹介します。

「胎児心拍確認後の流産の確率は5%未満」
といったようなサイトを見かけますが、これは正しくもあり間違ってもいます。
というのも、お腹の上からエコー(超音波)を当てた場合と、膣側からエコーをあてた場合では胎児心拍の見え方が違う、という点を考慮していないからです。

33歳女医、やっと子どもができた頃