スポンサードリンク

2016年7月30日土曜日

妊娠中の虫除け(忌避剤・ディートDEET)の安全性

リオ五輪でのジカ熱が世界的に広まるリスクは低い、という記事を見つけました。


これ自体については特に反論もありません。
しかし、蚊の多いこの季節です。蚊の媒介する病気は多数あり(もっとも、日本に生息する蚊が媒介しないものもあります)、出来る限り不要なリスクに晒されない様、虫の多い場所に行く際には、できるだけ虫除け(忌避剤)を使用した方がいいのではないかと思います。

現在一般的に使用されている忌避剤はディート(DEET)という物質です。第二次世界大戦中に開発されたものなので、半世紀ほどの使用実績があります。
人間の皮膚の匂いをマスクする、もしくはディート自体が虫にとって嫌な香りであるため虫が寄ってこない、というシンプルな薬剤です。

私も今年の夏は子ども共々活用しています(かなり田舎に住んでいるため虫が多い)。

さて、このディート、安全性は高いと言われていますが、妊婦さんへの安全性はどうなのでしょうか。

2016年7月17日日曜日

試験的にコメント欄を開放しています

記事がなかなか更新できず、申し訳ありません。
さて、これまで、コメント欄は何らかのユーザーでないとコメントできない仕様にしていましたが、試験的にコメント欄を開放し、誰でも書き込めるようにしています。

流産を始め、デリケートな内容が多いため、コメント欄の内容で傷つく方がいないように、という理由もあり、コメントしにくい仕様にしていました(それでもコメントしてくださった方々、本当にありがとうございます)。
しかし、流産後の誰にも言えない心のうちを、勇気を出してメールしてくださる方が沢山いらっしゃいます(ほとんどに返信できずに申し訳ありません)。
メールという閉じられた空間だけではなく、吐き出せない気持ちを、匿名だからこそ書きたいように書ける場があってもよいのではないかと考えました。
文章にすると、心の整理がつきます(私もブログに書いてよかった、どうしようもないもやもやとした気持ちを整理できました)。
自由に書いていただけたらと思います。

33歳女医、やっと子どもができた頃