スポンサードリンク

2014年2月8日土曜日

妊娠中の食事と赤ちゃんの食事アレルギーの関係は?

(本文は下に続きます。)

スポンサードリンク

妊娠中の食事が産まれてくる子どもの食事アレルギーにつながるというのは俗説なのか、医学的根拠があることなのか

ただいま妊娠中の方には非常に気になる事だと思います。
かくいう私自身も気になりまして。というわけで、あれこれ文献をあさりました。

結論としまして

「今のところ、明らかな因果関係が証明されているわけではない」

というのが私の調べた範囲の回答です。

牛乳、卵(特に卵白)、大豆、例えばこういったものを沢山とった妊婦さんから産まれた赤ちゃんと、制限した妊婦さんから産まれた赤ちゃんを比較すると、制限した方がそれぞれのアレルギーが起こりにくかった、という報告もあるのはあります。
ただ、データとしては古いというのと、はっきりとエビデンスがある数値、有意差があるといえる数値であるかと言われると……ない、というのが現在の主流。

一つ例をあげると、AAP(アメリカの小児学会)では
「ピーナッツを妊娠中や授乳中にお母さんが食べるとピーナッツアレルギーが増えるから避けましょう」
という見解を2000年に出しました。
しかし、妊婦さんや授乳婦さんたちがそれに気をつけても、ピーナッツアレルギーは減るどころか増える一方でした。
このため、妊娠中に制限をさせるだけのエビデンスがないとして、2008年には撤回しています。
逆に、ピーナッツを妊娠中にピーナッツを含むナッツ類を沢山食べたお母さんから産まれた子どもは、ピーナッツアレルギーになりにくいという報告すらあるのです。

2012年の「食物アレルギー診療ガイドライン」でも、妊娠中にアレルギー疾患発症予防のために食物制限を行うことは十分な根拠がないため、特定の食物除去を推奨しておらず、偏食をしないように注意しています(ガイドラインは2016年のものが出ているのですが、こちらはまだ確認できていません。申し訳ありません)。
食物アレルギー診療ガイドライン 2016

日本小児アレルギー学会,海老澤元宏 協和企画(港区) 2016-10
by ヨメレバ


予防的に妊娠中や授乳中に食事制限をすることで赤ちゃんの食事アレルギーを防げるわけではない。

このように、妊娠中、授乳中の母親の食事が、赤ちゃんの食事アレルギーを引き起こすという医学的根拠は現在のところ、ありません。

もちろん、授乳中に赤ちゃんが食事アレルギーをすでに起こしてしまった場合、母親の食事の制限を行うことはありますので、これは話は別です。予防的に行う意味はない、という意味です。

むしろ、それにとらわれすぎて、妊娠中に食事制限をする方が栄養バランスが偏って健康を損なってしまう可能性の方が高いのではないでしょうか。
妊娠中は、なにかを食べ過ぎる事も、完全に口にしないこともなく、満遍なくバランスのよい食事を心がけるのが一番ではないかと思います(もちろん、つわり中は食べれるものを食べれるだけ、無理なく食べましょうね)。


しかし、こんなことを言っておきながら、実は我が家、若干食べ足りてないものがあります。
それは、「卵」
旦那が遺伝性の高コレルテロール血症の家系(軽度ですが)なので、卵料理はできるだけ避けているんですね。週に1個も使わないくらい……
もちろん、買ってくる食品の中や外食の中に卵はふんだんに使われてますので、それを見越して使ってないわけですが。
なので、若干偏っている部分があります。その分、他の部分でバランスは取っていますが……
まあ、こういう理由がなければ、どうぞ皆様はバランスよい食事をされてくださいね。


追記:産後に食物アレルギーについて、離乳食などで悩む事があれば、いくつか記事を書いていますのでご覧ください。

乳幼児期のピーナツ使用・除去とピーナツアレルギーの関係についての論文 
保湿剤でアトピー性皮膚炎の発症が減少した、というニュース 
卵アレルギー発症予防と離乳食早期摂取の関係についての論文の解説 
アメリカでのピーナッツアレルギー予防についてのガイドラインの話


参考サイトなど
American Academy of Pediatrics recommendations on the Effects of Early Nutritional Interventions on the Development of Atopic Disease
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2659557/

Dietary exposures and allergy prevention in high-risk infants
http://www.cps.ca/documents/position/dietary-exposures-and-allergy-prevention-in-high-risk-infants

食物アレルギー診療の手引き2014
http://foodallergy.jp/manual2014.pdf

抗原量に基づいて「食べること」を目指す乳幼児の食物アレルギー(書籍)

0 件のコメント:

コメントを投稿

試験的にコメント欄を開放しています。私の能力不足故、質問などには御答えできないかと思いますが、感想等ご自由にどうぞ。

33歳女医、やっと子どもができた頃