スポンサードリンク

2013年1月25日金曜日

稽留流産後、自然に流産に至るまで

(20140130:画像のURLに誤りがあったため、修正しました。申し訳ありません)
(流産時の胎のうの写真がありますが、その性質上、興味本位での閲覧はご遠慮願います)

前回記事で書いたように、本当は外科的処置(掻爬)を受ける予定だったのですが、自然におりてきて、完全流産となりました。(完全流産かどうかは、3月2日現在、経過観察中です)(追記:最終的に特に処置なく、無事に完全流産したと判明しました)
で、ネットをみていると、稽留流産後に自然に流産をした時のことを書いている方が少なく、ごくわずかな方が書いていることが、非常に役立ちましたし心の支えとなりました。
なので、私の経験談も書いておこうと思います。

1月18日(金)稽留流産の診断確定

1月21日(月)
夜中0時くらいから下腹部痛。出血は変わらず、生理終わりかけくらい。
陣痛のように、周期的に痛む。
「もし手術までに、自然におりてきてお腹が痛くなった時には、もう薬(解熱鎮痛剤)を飲んでいいですから」
と先生に言われていたものの、これまでの習慣のせいで、飲むのをためらう……

3時過ぎ、腹痛が5分おきくらいにくる。痛みに堪え兼ねてロキソニン1錠内服。
下腹部も痛いが、腰が痛い。響くような痛み。横になると、子宮がひっぱられるのかどうかわからないけど、尚更痛いので、座位で耐える。

4時半くらいになると、薬が効いたのか楽になってしまったので、ようやく寝る。

朝になって、じわじわと痛いけれど、夜中のような痛みは治まってしまった。
けれど、これは流産するかも、という予感もあり、職場に連絡して休ませてもらうことに。

15時くらいから、また10分おきくらいに痛みがおこるが、まだ夜中ほどではない。
出血自体は、若干は増えたが、せいぜい生理2日目〜3日目程度。

17時 徐々に一度の周期でやってくる痛みの波が強くなって、腰まで響くようになってくる。が、まだ昨晩よりはまし。

18時 とはいえ痛いので、ロキソニン1錠内服。
このままできるなら流産したい気持ちがあったので、効くかどうかはわからないが、陣痛を待つような気持ちで痛みに耐えながらスクワットしてみたりする。

20時くらいから、痛みが昨晩と同じレベルに。身の置き所がないとはまさにこのこと。
骨盤が割れそうなほど腰が痛いが、出血はむしろ少ない。
もしかすると、子宮口あたりに胎のうがおりてきて、つまっているような状況かも。と思い、ひっひっふーをしてみる。効いたかどうかは不明です。痛みのせいで過呼吸になるのを防ぐ効果はあったかもしれませんが。

20時40分、トイレに行くと「あっ出る」と思わずつぶやいてしまうような妙な感覚と共に、凝血塊と組織塊がするりと膣からこぼれ落ちる。トイレの奥にいってしまったので、必死でかきだして回収。
水で洗って凝血塊を落とすと、ちょうど手のひら大。少し白っぽい球状のものと、それを包む灰白色の組織でした。多分、丸いのが胎のうで、周りの組織が子宮内膜。
出てしまうと、驚くほど痛みが和らぎました。まさに出産の後のような。軽い重だるい感じはありますが、出血も生理3日目くらいから、更に減少傾向になりました。

組織は、ぬれたガーゼで包み、ビニールなどで更に包んだ上、冷蔵庫で保管(腐敗防止のため)しました。

(で、今回流産にあたって困ったのは、この娩出したものが本当に胎のうなの? ということでした。教科書でも見つからないんですが、ネットで探しても画像がない。
というわけで、同じような立場になって困った方のために、画像をアップしています。ただ、一般の方が見るにはグロと言われても仕方のない画像ですので、興味本位では見ないことをお勧めします。あくまでも、私のように困った方のためのものですので。

ttp://4.bp.blogspot.com/-qvxUicb0_UU/UTHWmae3GhI/AAAAAAAAABs/LwU66t2CmEQ/s1600/attachment00-797000.jpg

上記文字列をコピーし、ブラウザのURLを入力する場所にペースト、最初にhをつければ、見れるはずです(以前のリンクが移動してしまっていたため、再掲載しました)。
一応解説します。全部赤黒く見えますが、よくみると色調に違いがあります。下側の一番濃い部分は凝血塊です。左上、右上にわかれて見えている少し色の薄い部分が子宮内膜、中心部に少しだけ見えている更に色の薄い半円のような球状のものが胎のうです。)


で、この時点で病院に行くかどうするか悩んだのですが、あまりに微妙な時間。
多分当直の先生は、その病院の先生ではない(大学からバイトできてる先生とか)ので、行っても朝まで経過観察のために入院になるかな、と。
腹痛や出血が多くなれば受診するつもりでしたが、結局悪くならなかったので、翌朝の火曜日に電話連絡をし、受診しました。

1月22日(火)
組織は病理提出のため、病院に持っていきました。本当は、自分で弔いたかったですが、検査はしておいた方がいいので。
もし、きれいに出てそうなら、手術はしたくない旨を伝えたため、水曜日の手術は中止に。
エコーでみたところ、内膜は15mm程度、あまり先生から解説は受けなかったのですが、ぱっと見、きれいに出てそうでした。
尿中hCGをはかり、きちんと下がっていくかどうか、基礎体温をつけて高温期にならないかどうか、エコーで子宮の様子をみながら、きちんときれいになるかどうか、それで経過をみてゆくこととなりました。
処方は、メテルギン(子宮収縮薬)、セフゾン(抗生物質)、アズレン(胃薬)3日分。
メテルギンの副作用で、吐き気が……
仕事は、職場の勧めもあって、今週は休ませてもらうことに。

1月23日(水)少し出血が増えましたが、生理二日目を超えないくらい。
薬のせいか、腹痛が少しありましたが、激痛というほどではありませんでした。
薬になれたのか、吐き気は大分ましに。
ただひたすら、寝て過ごしました。

1月24日(木)
出血が急に少なくなり、生理終わりかけの微量の出血に。腹痛も軽減したので、ぼちぼち離床。


といった経過をたどりました。
胎芽の成長からみて、おそらく、心拍停止から稽留流産の診断確定までの期間は数日程度と思います。もしかすると当日かも。
なので、心拍停止から、1週間たたずで完全流産に至ったケースとなります。

これは個人的な感想ですが、気持ちの上で、自分で最後まで面倒をみれたといいますか、きちんと(死んでますが)産んであげれたといいますか、そのことが、流産したということについての気持ちの割り切りに非常に役立ちました。
手術を受けると、寝ている間に処置が行われ、目が覚めたら赤ちゃんはもういません、となるんだなあ、というそのことがどうにもずっと引っかかってました。理性としては、手術の方がいいと思っているんですが。
なので、もし自力で産んでしまえるなら産んでしまいたいと思っていました。
毎日お腹をさすり、ごめんね、生きて産んであげれなくてごめんね、お母さんと一緒にいたいなら、手術まで一緒にいよう、でも、もしお母さんの顔がみたかったら、早く出ておいで、ちゃんと産んであげるからね、と語りかけました。
結果、こうやって手術を待たずに完全流産になったことは、私の心には非常によかったです。痛かったし、苦しかったですけどね。

最期まで、本当に手のかからない子でした。
もしまた、この世にうまれてくることがあるなら、今度はお母さんにもっと甘えていいんだよ。
本当にありがとう。

ばいばい。






今後のことを考える気力が出て来たら、こちらもどうぞ。

 自然に流産した後の避妊期間

 流産後の次の妊娠までの期間はどのくらいがベストなのか

流産後2年してから振り返った雑記です。

 流産から2年経って



気持ちの整理がどうしてもできない時。例えばこういう本を読んではいかがでしょう。
医学的、科学的な部分とは別の部分で、納得ができるかもしれません(人により合う合わないがあると思いますし、医学や科学とは本当に別の話ですので、内容を肯定するという意味ではありませんが、今のあなたを助けるかもしれないと思いご紹介しています)。


いつでも会える (ハートフル菊田まりこの絵本)

菊田 まりこ 学研プラス 1998-11-17
by ヨメレバ
こちらは流産の話ではありません。死について描いた、短い絵本です。
流産や死産の話を読むのも辛い時、こういう本も助けになるかと思います。
いつでも会える。いつでも会えます。私もそう思います。

2013年1月18日金曜日

診断名:8週稽留流産

診察台をおりて、先生の元へ。

先生「うん……今回は残念だったね。8週目の稽留流産、ですね。
ただ、この時期っていうのは、赤ちゃん側の遺伝子の問題とかが原因のことが多くて、お母さんがどうこうしたからって止められるもんじゃない。
だから、あの時どうしていれば止められたんだろう、とか、自分が悪かったんじゃないか、とか、そういう風に、あまり自分を責めたりしないで。
妊娠できることがわかったのだから、次につなげていきましょう」

というような話を受けました。
まあ、ここまでは予想通りなんですが。

先生「ただね、ここまで順調に育っていて……(流産する)というのは……
初回だし、8週だし、基準にも一切触れないんだけども……」

……なんでしょう。その、いいにくそうな感じ。

先生「一応、不育症の検査を、一通り、調べさせてもらえませんか」

ああ、それか!
不育症というのは、妊娠は成立するけれど、流産や早産を繰り返し、生児を得られないものを指します。いくつか定義があるんですが、私は初回妊娠で初回流産。定義には触れないんですね。
先生の臨床経験からくる勘というのもあると思います。なので、お任せしてお願いすることに。
詳しい検査の解説は、また検査結果が出た時に説明しましょう。

で、それはさておき。問題は、お腹の中で死んでしまった赤ちゃんのことなのです。
このまま放っておくわけにはいきません。なんとかして出してあげないといけない。
所謂子宮内の掻爬術という外科的な処置を行うか、待機的に経過を見て自然に流産してしまうのを待つ待機療法か、ということになります。

先生「この大きさまで育っていると、多分ものすごい痛みを伴うし、感染とかのリスクを考えると、掻爬をした方がいいと思う」

とのこと。
待機的にみていると、早い時は早いけど、いつまでも自然におりてゆかず、感染などを起こしてしまって最終的に掻爬、なんて可能性もあるわけで。
実際、仕事をしているので、いつ出てくるかわからない状態を続けるのも職場にも迷惑だし、いつまでも暗いところから赤ちゃんを出してあげないってのも、精神的に辛い……
というわけで、掻爬に同意しました。

掻爬の内容の説明とかは、長くなったのでまた後日。

流産って産婦人科の先生にとっては珍しいことじゃないんだろうけど、こうやって毎回悲劇に立ち会い、そして説明しなきゃいけないのは辛いだろうなあと、どこかぼんやり考えてました。

毎日お腹の赤ちゃんのことを考えて、食事や生活や、いろんなことに気をつけていたのに、すこん、とそれがなくなってしまって。
これから仕事をどうしようとか、いろいろ考えて手回ししてたことが、全部無駄になり。
あんなに楽しみにしていた旦那や、旦那の両親や、もちろん自分の両親や、そんな人たちを傷つけてしまうなあ、とか。
職場に手術とか休みをもらわないといけないなあ、とか。
いろいろ現実問題とか考えてしまい。
採血受けてるときに、笑顔まで見せてしまったもんですから、看護師さんに「元気そうですね」とか言われてしまって、ちょっと傷ついてみたり。
泣く余裕も、悲しむ暇も、なかったです。
冷たい人間と思われるかもしれませんが……



やっと泣けたのは、職場の旦那に、電話で報告した時でした。


帰ってきた旦那と一緒に、沢山沢山泣きました。







出血が増えてきた〜心拍、停止。

あれから、ピンクのおりもの→茶色のおりものになって、じわじわ続いていたのですが、昨日から生理最終日くらいの出血となりまして。
仕事が終わってからは安静臥床してたんですが、全然減る印象もなく。
来週の検診まで待とうと思ったのですが、先生に「出血や腹痛が起こったら、検診日前でも早めにかかってくださいね」と言われていたことを思い出したので、病院に電話してみました。

状態を伝えると、受付の方が
「電話では大丈夫かわかりませんので、予約はいらないので受診してください」
とおっしゃってくれました。

なので、早速受診。
今日の先生は、最初に受診した時の先生でした。前に書いたように、不妊治療を主にされている先生なので、処置もあったりですごい待合いの人数……

本でも読んで、待つこと2時間。
やっと呼ばれました。
今週から出血が続いていて……という話をすると、とりあえず診察してみましょう、と診察台に案内されました。
診察台に血がつきそうでドキドキしながら診察台のぼり、さて、早速エコー。

おお、前回見た時とは比べ物にならないくらい大きくなってる胎芽!

……は、よいのですが……

ない……
ないのです。前回、あんなにせわしなく動いていた心臓が。

縦に横に、先生がエコーを動かして見ているのがわかります。
でも……

先生「うん……出血は問題ないと思うんだよね。でも……」
私「心臓が……」
先生「うん……心拍が、見えないね……」

その後もしばらく、先生は、赤ちゃんを頭からおしりの先まで、何度もエコーで見ていました。カラードプラーという、血流があるか調べるモードでも見てましたが、血流はない……
解説してもらうまでもないのが、医者の悲しい性かもしれません。
ああ、これはダメだ、これは死んでるわ。
と、先生のエコーの腕前を疑う余地もないくらい、赤ちゃんが死んでしまっている現実を目の当たりにしました。
長くなったので一度切りますね。

2013年1月14日月曜日

ピンク色のおりもの

題名通り、ピンク色のおりものが出ました。
子宮か膣か、まあどこかで少し出血してるんでしょうね。
さて、この出血、実は結構経験されている方が多い。
そして皆さん、不安に感じてらっしゃいます。
で、私もその一人。

いろいろな考え方があります。そこの病院の方針次第の部分も大きいと思います。
で、みなさんなにを心配しているかというと、赤ちゃんになにか影響があったらどうしよう、つまりは流産のことです。

2013年1月8日火曜日

産婦人科2回目受診(多分6週あたり)

産婦人科へ行ってきました。
さて、今日こそ胎芽と心拍が見えるでしょうか……
時期的には、見えておかしくない、けど、見えなくてもおかしくない頃。
見えていただきたい!
と思うわけですが、こればかりは。
時期としては、6週くらいでしょうか。つくづく、基礎体温はかっとけばよかった……

今回が2回目。
前回、不妊治療を専門とされている先生なので、ぱっと見わかりやすい妊婦さんはいない……というようなことを書きましたが、今日は別の先生なのに、やはりお腹の大きい人はいない……
もしかすると、私の通っている病院は分院をもってまして、もしかするとこちらの施設では、婦人科疾患や週数が早い妊婦さんをメインで診ているのかな?
まあそのうちわかるだろう。
さて、今回は前回とは別の先生。40代くらい……? 穏やかな先生でした。
ここの産婦人科は、皆さん優しい雰囲気。職業柄、いろんな医者を見てきているので、こういう先生と出会うとほっとします。
私もこうありたいなあ。
さて、診察台にのって、レッツエコー。もちろんまだ経膣エコーです。
子宮が写って……
おお! 心拍!
見えました。チカチカと瞬いて見える……というように一般の方のブログとかに書かれてますが、エコー見慣れてるせいか、はっきりと心臓の収縮に見えました。
まだ血管系が出来てるわけではないので、早く出来た心臓が準備運動している、といったイメージでしょうか。
「うーん、赤ちゃんの形はまだはっきりしないねえ」
 そういいながら先生が測ってくれたCRL(頭殿長、赤ちゃんの頭からお尻までの大きさ)は、7mm。
7mm! ちっちゃ!
この中で、多分1mmくらいしかない心臓がピコピコ動いてるわけですよ。すごいなあ。生命の神秘ですなあ。
 こんな感じ。見えにくいですが、青い丸でかこった部分が胎芽、黄色い丸でかこった部分が胎のうですね。

「生理周期が長いし、やっぱり1週くらい週数が遅れそうですね。次回、2週間後の診察の時に、予定日を決めましょう」
とのことでした。
胎芽の初期は成長にばらつきがあるのですが、ある程度の大きさになるのは同じ週数が必要です。で、そこを過ぎるとまたばらつきが出てきます。
というわけで、この早い時期に予定日が決まるんですね。
この話はまた次回の健診ブログで詳しくしましょう。

2013年1月6日日曜日

橋本病と妊娠の話

さて、私は実は橋本病を患っています。
橋本病というのは、甲状腺機能低下症のことです。
のどの前側にある、「甲状腺」という機能が、自己抗体の影響で攻撃され、甲状腺ホルモンを作れなくなっているのですね。
そのため、自分では十分な量の甲状腺ホルモンを分泌できませんから、外から補ってあげる必要があります。で、飲んでいるのがチラーヂンSというおくすり。
体格や病勢によって、飲む量は個々人で違います。ちなみに私は妊娠前は75μgを毎日こつこつ飲んでました。

さて。
妊娠すると、甲状腺ホルモンが多く必要になります。そのため、薬を増量する必要があります。

「えっ、妊娠中に薬を飲んでて大丈夫なの?!」

2013年1月5日土曜日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年の正月は、県外の夫の実家で過ごしました。
私の実家にも行く予定だったのですが、兄がインフルエンザで寝込んだため、両親から「妊婦は近寄るな!」という、気遣いがうれしいやら、仲間外れでちょっとさびしいやらの警告を受けました。
まだまだ、義父母、義兄と気安くなれない自分……うーん。もっと頑張ろう!
でも、今回は義母がにこにこ笑顔で話してくれたので、それだけでうれしい正月となりました。

さてさて。
改めて前々回のブログを読み直し、写真をチェックしたら……あら。現在の胎嚢サイズから予測される、妊娠週数が書かれていました。